みなさん、初めまして! ネコ好きブログオーナーのbunta52です。
☆ わたしのロック風ギターサウンド(オリジナル曲)を聴いてくださいまし~♪

★★ オリジナル 8曲を流してますー♪ ★★


Reddan Brothers Band ... !!

 2009/11/22 16:41
ちかごろの Myspace Music サイトの事情ですが・・・
最近はランダムに大勢のミュージシャン宛にフレンドリクエストするツールがあるようで、お返しにコメント入れようとそのサイトにオジャマすると、びっくりするぐらいの日本人メンバーからのお返しのコメントが山のように入ってたりします。そんなのを見てると、結局こちらの曲聴いてわざわざフレンドリクエストしているわけじゃないなと急にテンションがさがり、ガッカリしながらコメント入れずに帰ることがほとんどです。特にこの頃はネ・・・(淋)

そんな訳でリクエストがあっても放置しっ放しになりますー。
それはよくないと思い、きのう久々に承認して、とあるバンドにおジャマし、きょうも覗いてみたら、なんと彼らだけがぼくにリクエストしてくれているみたいだった?ので、ひさびさ興奮しました・・・(ヤッター !!)
海外のミュージシャン達だけのコメント(それも英語だらけ)がズラリと並んでると、なぜかホッとします。つまり一番乗りした気分に喜ぶ子供みたいなもんですーーー (超笑)


さてきょうはそのバンド、アメリカのロックバンドを紹介しましょう!
アメリカのNew York 州、WARWICKのロックバンドです。

   Reddan Brothers Band    うわー 若いな~~

   HOTで懐かしい雰囲気を出すアマチュアロックバンドですね。いっぺんに好きになりました。


            
                   (Rock / Psychedelic / Blues)


   彼らのサイトコメントです! Be Postive, Peaceful & Recycle... and BUY THE CD !
   なになに、Postiveに?(i )が抜けてる!あっポジティブにね~、平和を!リサイクルしよう!
   そしてCD買いましょうですか? しっかりしてる~
                               現金なバンドやなー^^

     彼らの音楽は確かなものがあります。グッときました。  

      

       That's How I Know   http://www43.tok2.com/home/pocolin/fc2_list/howiknow.xml&autoload=yes&repeat=no" name="FlashVars" />  by Reddan Brothers Band

       http://www.myspace.com/johnreddan

                        John Reddan - Guitar, Vocals
                        Chris Reddan - Drums, Vocals
                        Mike Garofalo - Bass, Vocals


                        

                      Off The Top   http://www43.tok2.com/home/pocolin/fc2_list/offthetop.xml&autoload=yes&repeat=no" name="FlashVars" />  by Reddan Brothers Band



ニューヨーク、ニュージャージーを又にかけライブもこなす、かっこいい若者達です。
John Reddan 彼のギターもいいですね。YuoTubeをみましたが、左の小指が動いてませんね^^
これを克服したら変化自在にトリッキーな音を操る素晴らしいギタリスト、間違いないですねー
さて、彼の経歴が Myspace に紹介されております。こちらにも分かりやすいようにちょっとだけ、John Reddan を紹介したいと思います。

でも・・・・、OCNの翻訳サービスツールで変換するとこのようになります。笑わないでくださいまし !!

『ワーウィックの回転ヒルズにおいて誕生し、ニューヨーク、ジョンReddanは、彼のしつけにわたってブルースおよび古典的なロック音楽のため子供として高く影響されました。 ジョンは、一貫して彼のスキルを研ごうとしてギターを9の年で演奏し始めました。 数年の間、彼が、多くの大きい機会 働くおよび を持っていた 最もよいミュージシャン that のうちのいくつかを持つ遊び 音楽は提出する必要があります。
彼の最初のギター先生は、早くから、ギター奏者、音楽の真実の隠された貴重品のうちの1つというジムクンケルでした。 過渡期は、ショーの後にRonnieアールと会った後に、後で来ました。 アールは、クリスVitarello、ブルース最も素晴らしいギタープレーヤーのうちの1人によって勉強するようにジョンに勧めました。 若い開花ミュージシャン、50のレコードとして、60と70の、影響されたジョン、だいたいすべての古典的な歌を聞いたことはそこで成長していました、オールマン・ブラザース、ビー・ビー・キング、ジミ・ヘンドリックスなどのバンドを含みます。

彼の両親はこの有力な音楽によって家を規則的に満たします。 高校の、ジョン、後、勉強された音楽。 学校はバンドのギターを全然提供しませんでした。従って、ジョンは、鳴っているドラムと衝撃を取り上げました。 これは彼が過小評価するという時間に、スキルであり、数年後で、どれほどそれが時間とリズムの彼の場面を助けるかを見つけ出しました。 この期間の間に、ジョンは、ニューミルフォード、コネチカットの全国ギターワークショップでギターを調べるのに彼の夏を費やします。

最終的に彼が大学に到着した時には、ジョンはジャズのピアニスト、クリス・パーカーと勉強し続けました。 彼は彼が、ニューオリンズに動くことに興味があるかもしれないと思い、ニューオリンズの大学で音楽を勉強することを望みました。 ジョンは、ことによるとジャズのピアニスト、エリスマルサリスと勉強するために、グレイハウンドバスのアメリカを横切る彼の最初の旅行を取りました。 マルサリスは、現代のジャズおよび星の音楽の先生の主要なピアニストのうちの1人と考えられます。
ニューヨークに戻るとすぐに、彼はバーに歩き、国際的なブルースミュージシャンと会いました。 ビルペリー それは前に何度も彼の方法を通り過ぎたことがありました。 ペリーは段階と遊びに来るようにジョンに勧めました。

遊び 一緒に 1回 の後に、ペリーは、ジョンに、彼が、ビルペリーバンドと旅行を中西部と遊びリズム・ギターに持って行くことに興味があるかどうかを尋ねました。 その最初の旅行の後に、ペリーはギグfulltimeをジョンに提供しました。 すぐ、ジョンが、5年の間ペリーと遊んでいる主力になった後に。
それらはポーランドへのニューメキシコに旅行し、ビルペリーの高エネルギーのサイケデリックなブルースを人々にもたらします。 ジョンは、ギター、マンドリン、膝スチール、および歌いをしている本当に贈られたタレントになりました。 ジョンは音楽の彼自身のarreyも書きます。
2007年遅くにビルペリージョンを通過した後に、ミュージシャンと人として彼のスキルを伸ばすことに取り組むことに忙しかった。 ジョンは、2008の冬にReddan兄弟バンドを形成している彼のドラム奏者兄弟クリスと協力しました。』

・・・意味 通じましたか?
日本語が変でしょう?無料サービスを使うとこんなもんですね!・・ ^^;

                    また、いいバンドからリクエストあったら紹介します・・・☆



関連記事

2 Comments

Sun
2009.11.22
19:02

ユニオンジャック  

今日も長くなるような(笑 )

こんばんは~。

まず、Reddan Brothers Bandの音源、聴きました。このバンド、凄くエエですね!!
お書きのように、古い香りがして(大変重要)、実に骨太。ヘンに小細工を弄していないですし、
3ピースらしい潔い音に感じました。ついでに、ベーシストがリッケンバッカーなのも、良いです(笑・特に2つめの音源は、リッケンバッカーサウンドが堪能できますね)。
今度、彼らのマイスペースに行ってみます。

しかし、私も使う度に思いますが、翻訳サイトは酷いですよね(笑)。
昔、阪急ブレーブスに、バルボンさんという通訳がいました。
面白い人なのですが、訳文にヘンに関西弁を入れたりするので、意味がよく判らない。
従って「バルボンの通訳を、通訳する人間が要る」と言われてました(笑)。

そしてbunta52さんのマイスペースの音源、全て拝聴させていただきました。
本当に色んなタイプの曲と色々な奏法、音つくりで素晴らしいです。
オリジナルやっている人は、もう心から尊敬します。
私ごときが生意気ですが、思い浮かんだのは『ギターショップ』以降のジェフ・ベックや、サンタナです。
そして、私のベースが上手くなったら、非常に大それた事ですが、こっそりベースラインを付けさせてください(笑)。

右側のmulaさんのお写真、クリックすればbunta52さんのブログの記事に飛ぶのですね~。
特に好きなのは、右のお写真で言えば、6枚目と7枚目です。
このように広角レンズを使った、奥行きのある写真、大好きです。
リンク先のお写真も、素晴らしいです。
凄く勉強になります。

2009/11/22 (Sun) 19:02 | EDIT | REPLY |   
Tue
2009.11.24
00:53

bunta52  

今日も長くなるような(笑 ) ← 大歓迎 !!

こんばんは~、ユニオンジャック さん!

Reddan Brothers Bandの曲いいでしょう!
『ヘンに小細工を弄していない』 まさしくおっしゃるとおりです。でね写真みてリッケンバッカーだと気づき、すぐにユニオンジャックさんのことが浮かんだので、きっと「あっ~ !!」か「おぉー !!」とため息つくだろうなと想像してました。^^

うわーホント、バルボンさんの通訳を誰か通訳せんとアカンですね~~
翻訳ツールって、こっちの思っている用語やニュアンスは、変換してくれないですねー、しかしそこが妙におかしいし、面白い^^ので、載せてしまいました。字数稼ぎもありましたし・・・^^;
実は当ブログ写真家のMulaさんは英語も堪能で、Myspaceなんかで困ったときは翻訳を手伝ってもらってますのです。^^; たとえば、プロフィールもそうです。

ところで、ユニオンジャックさんのブログは、読んでて楽しいし、引き込まれますね。なにかコツコツ研究していて、やっとできたー。でも完成品をながめてると、あれっ何かが出てる?何だコリャ~という展開のようなおもしろさに誘い込まれますわー^^
文才がお有りなんですね、きっと!

> 私のベース・・・こっそりベースラインを付けさせてください(笑)。

   もちですよ!いつでも大歓迎します ^^
   そのときはユニットとしてUPしたいです、よろしくお願いします。
   もし mp3のファイルがロードできなかったら、URLを言いますよ・・・

さて、つぎの曲は少しメランコリーなタッチになりそうです~~
きょうも練習してました。でも音源作るのにはまだまだ早いので、じっくりいきます。
この「じっくり」ですが、先が見えてこないという意味もありポシャル可能性も大なんですよ ^^;
結構いままでポシャった曲は多いですね。
そのうち公開してもよさそうなものは例のプレーヤーに混ぜておりまして・・・^^;

2009/11/24 (Tue) 00:53 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

What's New