みなさん、初めまして! ネコ好きブログオーナーのbunta52です。
☆ わたしのロック風ギターサウンド(オリジナル曲)を聴いてくださいまし~♪
28曲アップ中なのでパソコンだと下のflashプレーヤから聴けます~~
- 2016/10/04 -

   
flashプレーヤ


★★ オリジナル28曲を流してますー♪ ★★


高槻 JAZZ STREET 2013 ♪♪

  05, 2013 03:15
   昨日、5月4日『高槻 JAZZ STREET 2013』に行ってきました。

15th 高槻 JAZZ STREET 2013   jazzst3.jpg



実をいうとJAZZ STREETを見に行くのは初めてで、親しいバンドや知っているアーティストがいなかったら、たぶん今年も行ってなかったですね。今回はお目当ての彼女(ボーカリスト)を探しに行くことにしました。
その彼女とは、ずいぶんご無沙汰しているジャズボーカリストの白川ミエさんです。彼女の迫力ある歌が聴きたくなって数日前にブログをチェックしてみると、5月4日の17:00から阪急高槻駅北口にある「DUKE BAR」でライブすると書いてあった。


    


     「よっしゃー行ってみるか!」 ですね・・・。


家の最寄り駅で10:30の電車にのって、11:30にJR高槻駅へ到着。おっ、家から1時間ちょっとで着けるやん。意外と早かったかなと感心してる場合じゃないわ、どこが会場なのかさっぱりわからへん。あとで分かったことだけど、阪急電車の高槻駅付近を中心にJAZZ STREETがあるみたいで、JR側はちょっとさびしかったですね。

しばらくぶらぶらと歩いて11:45頃、阪急高槻駅に到着。なにやらJAZZっぽい音楽が流れてきた。
みんな緑色のパンフ持ってるやないか。「そのパンフどこでもらえますか?」ときいてみたら、改札の前で配布しているそうです。やっぱり阪急側が中心なんや。JRでは配ってなかったぞ。(ひょっとして中央改札では配ってたかも?ぼくが出たのは西口改札という小さな改札だったので、スタッフを置いてなかったのかな・・・)



jazzst2.jpg

高槻ジャズストリート2013 オフィシャルビデオ

           高槻ジャズストリート
           http://www.0726.info/


さて、白川ミエさんのライブまで5時間近くもあり、どないしょうかなーと迷う。会場案内パンフを頼りにまず南へ下ってみる。まずは38番の「JKカフェ」を覗いてみた。というか、どさくさに紛れて入ってしまった。結構混み合ってるので場所取りが大変だ。立ってるのツライなー。ふと足元をみたら籐でできた小さくて、おまけのような丸椅子が2個あった。これはコーヒーを注文したお客さんに使う予備のイスかと思いつつ座ってみる。特に反応なし。それを見た横のおねえちゃんもちゃっかり座ってくる。二人とも、いや少なくともぼくは「あんたも悪ルやね!」と変な共感を覚えた。
このお店ではちょうど12時から『黒崎華穂と飼い猫たち』(バンド)の演奏が始まり歌もよし、ギターのお兄さんもGoooで結構楽しめた。

CIMG1802.jpg CIMG1803.jpg


しかし演奏会場は至る所にたくさんあり過ぎて、1つの店に留まっていてはあちらこちらには回れない。といって全部回るには無理があるので、これもご縁ということで巡るポイントを絞るしかないですね。
その前に17:00から白川ミエさんが出演する19番会場の「DUKE BAR」を下見しに・・・。すると13時から演奏中の7人バンド、Milkywayの軽快な音楽が耳に入ってきた。きれいなハーモニー。パンフによればchikoとharuの女性ツインボーカル、時折ドラムのガツンガツンと迫力のあるすごい音。時々スティックが飛んでいくそうだとどちらかのボーカルが危なげに言ってました。「きょうはわたしが狙われている~~」って(笑)


駅前の噴水広場では、3人トリオのお兄さんたちが演奏してる。

CIMG1806.jpg CIMG1808.jpg


次はもっと南下して41番会場の高槻現代劇場文化ホールに向かう。
ぞろぞろと3階へ移動するとお店の雰囲気とは違い、ここはコンサートホールに足を運んだ気分になってくる。なにが始まるのかも見当もつかないけど、たくさんの人が中に入っていく。せっかくだからぼくも中に入ってみる。だけど、人だかりが多くて立ち見席でもステージが見えない。

誰だろう? ソロでアコーディオン弾いてる。 顔が見えた。あれっ、テレビか、どこかで見た顔・・・
暗くてパンフも読めない。
アコーディオンは飛び切りすばらしく、トークがやたらおもしろい!家に帰ってからYouTubeを探しました。

     桑山哲也さんでした。
                           『アカプルコの月』
 


オリジナル曲の『アカプルコの月』のタイトルの由来は、かつてコンサートのトーク中に話が盛りあがり、お客さんから是非このタイトルで作ってほしいと強引に頼み込まれたそうな。そのトークとは、桑山さんが豪華客船の洋上コンサートをしてアカプルコに立ち寄るという話をしたら、そのファンからアカプルコの月を見たことがないので、アカプルコの月を見てその思い出に1曲つくってくださいとお願いされたようで、実際にみたその月は日本でよくみる月と変わらず、ウサギがもちをついてたそうです(笑)結局、日本に帰ってからみた月もアカプルコでみた月もまったく同じで、プロの身として何か言わないといけないと思い『アカプルコの海に沈む月はとてもきれいで緑色でした~』とコンサートで云ったそうです(笑)



さて、17:00になるにはまだ時間がある。白川ミエバンドの登場まで、あと何個のバンドの紹介が続くのか、少し疲れてきた。ミエさんの演奏中の写真を先にご紹介(予告)

          Soul to Jazz

CIMG1828.jpg CIMG1819.jpg CIMG1820.jpg CIMG1831.jpg
CIMG1844.jpg CIMG1842.jpg
                              Mie Shirakawa

         ちょっと一休みしてから、続き書くとします。



・・・・・あららっ、朝まで爆睡。
なんたる失態。でも気分はいい。睡眠とれましたから(笑)
さあ、続き続き。
41番会場の高槻現代劇場文化ホールを出て右隣に行くと野見神社の能舞台(39番会場)で外国人プレーヤーが演奏してました。あとで調べてみると、15:00台の演奏は「The PATHWAY」の5人バンドでした。

CIMG1811.jpg CIMG1813.jpg CIMG1810.jpg

外国の方はテナーサックス奏者のAnthony Spruillさんでした。それからね勇気を出して観客の前に出て真正面から写真を撮ろうとしたんですが、シャッター押すのを誤って電源OFFボタンを押したもんでレンズは閉じるわ、せっかくのショットチャンスをパーにしました。クスっていう笑いが聞こえるし、かっこ悪るくて急いでその場を離れましたぁぁぁぁ、見られてたんや~(笑)
野見神社を出てすぐ右(南側)には43番会場の高槻城跡公園市民グランドがあって、ハイネケンという派手なデザインの特設ステージがありました。ここでは猛者バンドというか、派手にシンバルが落ちて転げるシーンを初めてみました。ハイテクニックなドラマーの人だ。

CIMG1815.jpg CIMG1814.jpg

バンド名は「朱恵仁トリオ」朱恵仁(pf)、長谷川晃(b)、吉川昭仁(dr)の3人。テクニックは”超”の申し分なし。というか、JAZZ STREETに出演するバンドに半端な奴がいるほうがおかしいと思う。そんなのは出ていけー!

おなかがすくけど我慢ガマン。バックして駅へと向かう。
国道171の角にある36番会場の姉妹都市センターから、女性ボーカルの響きのいい歌声が聞こえる。誰やろ?
写真をパチリ。みえますかね。

CIMG1816.jpg

このバンドは、Megu@TJといってMegu(Vo)、笠松学(pf)2人組。
ドラムはスポットで参戦してもらってるようです。
国道171を横断して最初に入ったJKカフェの前を通過。駅高架下の22番会場ではつぎの出演バンドのセッティング準備でスタッフも大忙し(写真↓)

CIMG1804.jpg

       CIMG1805.jpg


時間は16:00。あと1時間で白川ミエさんのライブ。腹が減った。もっと街をぶらついていい店があったらなにか食べようかな。うん?お立ちの店があったのでちょっと入ってみる。生ビール(コップ1杯)300円。おでん1本、200円。ビールをお代わりし、茄子のフライ1本追加してお腹を満たす。(ちょっとわびしい)


16:30 阪急高槻駅北口にある「DUKE BAR」をめざす。
もうすでに超満員、入り口に人だかりが続く。この店の出演者のレベルはすごく高い。外人さんも並んでいる。
店の中から聞こえてくるのは、DASというフュージョン系7人バンドの演奏。盛りあがっているのが外からでもわかる。すばらしい音楽が続く。でも早く終わって人が入れ替わってほしい。





さあ、DASの演奏が終わった。客もぞろぞろ出ていく。よっしゃー、前へ行って空いてる席に座るぞ。その思いは通じた。カウンタ席の一番前にタッチダウン!ゴーーーール!まさに6点ゲットした気分です(笑)
カメラの写り具合いをチェックすると窓の外の光が強く(逆光線)顔が見えなくなってちょっと厳しいかもー
そんなこんなこと考えていると『白川ミエグループ fest ボス河内』が登場。じゃじゃジャーン !!
おぉー!久しぶり~~

   もう一度写真登場でーす!

          Soul to Jazz ... ♪♪♪

CIMG1843.jpg CIMG1819.jpg CIMG1847.jpg CIMG1831.jpg
CIMG1844.jpg CIMG1842.jpg
CIMG1853.jpg CIMG1828.jpg CIMG1845.jpg CIMG1820.jpg
                              Mie Shirakawa

5人編成でメンバは、pfの兼子じゅん(ちょっと痩せた?)、永見潤(dr)、大澤善樹(b)、ボス河内(sax)、そしてボーカルの白川ミエ。最強のメンバです!

      そしてこちらは『Soul to Jazz』(CD)からの1曲。ミエさんの声をお聴き下さいませ♪
      Day by day ちょっと静か目です。

Day by day ♪ (5曲目収録)    ← こちらをポチっと押してね!

↙スマホの方はこちら↘


           
            白川ミエ (blog) http://miey3v.exblog.jp/

          熱唱 !!
New York state of mind ♪ (4曲目収録)    ← こちらをポチっと押してね!

↙スマホの方はこちら↘


ざっとプロフィールを紹介・・・
神戸市外国語大学英米語学科卒。学生時代より、ロックバンドのボーカリストとして、ライブ活動を行なう。(1981年ヤマハ8・8ロックデイ決勝出場)1984年大阪大学ニューウェーブジャズオーケストラと出場した山野ビッグバンドコンテストで、優秀ソリスト賞受賞。ジャズスポットでのライブ活動をスタートさせる。
【以上、上田ミエ時代】
そして、1993年より約5年間カナダ・トロントに在住。現地ジャムセッションに参加。1993年モンタレージャズフェスティバルに出演。帰国後はブルースバンドに参加。ミュージックスクールの講師や後輩の指導も始める。
2006年より精力的にジャズスポットでのライブ活動を再開。2007年11月には初リーダーCD“Soul to Jazz”をリリース。ジャズ・ソウル・ブルース・ファンク・ロックなどのジャンルを超えて人の心に届く歌を目指すソウルフルなシンガーである。



ミエさん健在。すごいド迫力。ミエさんの真ん前にいるぼくはタジタジになりそうです。本格的ジャズボーカリストのド迫力な歌を目の前で聴くと震えがきます。やっぱすごいわ、ミエさん。
どうもありがとうございました。久々に聴けて大満足でした。

感動、そして感激しながら高槻をあとに。京阪バスに乗って枚方へ出てそこから電車を乗継いで家に帰りました。こちらも1時間で家にたどり着けたので、たまにはバスに揺られるのもいいです。
高槻 JAZZ STREET 行って良かったです。
関連記事

0 Comments

Post a comment

What's New