みなさん、初めまして! ネコ好きブログオーナーのbunta52です。
☆ わたしのロック風ギターサウンド(オリジナル曲)を聴いてくださいまし~♪
28曲アップ中なのでパソコンだと下のflashプレーヤから聴けます~~
- 2016/10/04 -

   
flashプレーヤ


★★ オリジナル28曲を流してますー♪ ★★


スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paul McCartney  アウト・ゼアー ジャパン・ツアー

  13, 2013 00:23
ぼくのライブレポートは、自分がファンなのか、わからなくなってきました。

11月11日(月)大阪・京セラドームの『ポール・マッカートニー』アウト・ゼアー ジャパン・ツアーに行ってきました。
3~4日前にまだ余ってるチケットがあるとのことで急きょ予約。会場でチケット受け取るまでどの席なのかも確認しておらず、最悪、2階席の端っこのシートでもいいから左右に座る人に邪魔されずにポールの歌をゆったり腰かけて聴けたらいいなと思ってたのが、受け取ったチケットには、アリーナ席の2列目と書いてある。えっ?これってステージの目の前じゃないの? そわそわしてきた。席に着くとちょうどステージの左側のすぐ前だった。
「これはやばい!なんてこった・・・」と喜びのあまり心の中でつぶやく。

アリーナ席が初めての経験なので、椅子(イス)を見て驚き。なんだこれ?ふつうのパイプ椅子やないか。長いこと座ってたらお尻が痛くなってツライ目にあうぞと思った。アリーナ席を呪った・・・
それから、正直いうと僕は、ポール・マッカートニーは好きだけど熱烈な大ファンではないので、彼の歌はまともに歌えないし、曲名も多くを知らない。
そんなぼくがアリーナ席でいいのかな?と贅沢な気持ちになるが、アリーナ席の僕の周りにいるこの人達は、もっと絶頂感の中にいる。絶対にポールの強烈なファン達だ。準備周到がえげつなくすごい。ビートルズの名前が入ったシャツ姿の人、人、人。「ポール命」みたいな垂れ幕を拡げる人、人、人、そんな人達に囲まれたスーツ姿で会社帰りのぼくは、ステージで歌うポールを最後まで平静で見ていることができるだろうかってライブが始まる前から場違いな感じだった。

Paul McCartney
paul_m.jpg
京セラドーム大阪 (山田喜貴さん撮影 お借りしました)


ところが、ポールがステージに現れた途端、歓声と同時に椅子に腰かけていた人達が一斉に総立ち!
釣られてぼくも・・・ありゃ、やっちゃった。1曲目が終わったら座ればいいさ~~と思ったけど、やばそう。
2曲目が終わったら座ればいいさ~~ イェ~イェ~。3曲目が終れば座ればいいさ~~、ヘイ!ポール~~。
4曲目が終わったら座ればいいさ~~ イェ~イェ~~。 X曲目が終れば座ればいいさ~~ イェ~~!。
・・・と演奏が終わるたびに、いつ座れるかなって思ってた。

      
paul_m3.jpg  paul_m2.jpg
京セラドーム大阪 (山田喜貴さん撮影 お借りしました)

30曲目の♬007死ぬのは奴らだ - Live and Let Die - でステージが大爆発!
 fire11.pngfire11.png
ドッカーン !! 大興奮~~!もはや座れないーー。踵がむっちゃー痛ぁーい。

アンコール前にちょっとだけ座れるかな?だいぶん足にきてるし。
アンコール曲が無茶苦茶いっぱいあった。嬉しいけど足がガクガクしてるし、もうたまらん。だる~い!!
最後の曲が終わったけど、誰も座らないやんけ~~。誰一人として座らないそんな状況が最後の最後まで続く。

  ~ 2時間半をすでに経過 ~

場内の興奮が少し静まり、係員が帰りの規制退場の説明があるということで、やっと座れた。
お尻は全然平気。足のかかと、ふくらはぎ、非常にやばそう・・・。

 じぶんのことばかり書いてしまって、肝心のポールのライブレポートが書けてない。
 続きでライブレポートを書き足そうと思うけど、本日は疲労困憊でこれにて閉店です・・・。
 結構、疲れてしまってレポートがなかなか書けません・・・(泣)
 しかし『007死ぬのは奴らだ』の曲でステージから爆発とともに炎が舞い上がった時は最高にビックリ!
 2列目だったので、炎の熱が直接顔に当たるし、心臓が止まるかと思った。



さてさて、ライブレポートが書けないよ~~(泣)
翌朝のサンケイスポーツ紙(11月12日付記事)と同社のネット記事を見たらさっそくライブの模様を次のように紹介してました。
 「マイド !! オオサカ !! タダイマ !!」
    ポール、3万6000人と39曲大合唱!
19728.gif      paul_3.png

 トレードマークのベースを肩から提げ、深紅のジャケット姿でさっそうと登場したポールに、待ちわびた3万6000人の熱気が爆発だ。11年ぶりの日本公演、そのオープニングはビートルズの名曲「エイト・デイズ・ア・ウィーク」。テレビ出演で一度披露されただけで、しかも口パク。まさにライブ初披露曲での幕開けとなった。
2曲目で新アルバム「NEW」から「セイヴ・アス」を披露すると「マイド、オオサカ、タダイマ!」と関西弁であいさつ。
<すると会場から一斉に「おかえり~~!」の大合唱が飛びました>

 浪速のファンのハートをガッチリつかんだ。その後も「アリガト、オオキニ。コンバン、ニホンゴ、ガンバリマス」と関西弁MCを展開する一方、英語のトークには幅約6メートル、高さ15メートルの左右のスクリーンの下に日本語訳を流し言葉の壁を乗り越えて盛り上げた。

 その字幕を使って、元妻のリンダ(享年56)のために書いた曲と紹介し、「メイビー・アイム・アメイズド」を披露。さらに日本語で、「ジョンノタメデス」とジョン・レノン(享年40)の死を悼んだ「ヒア・トゥデイ」を、「ジョージノタメデス」とジョージ・ハリスン(享年58)から贈られたウクレレで「サムシング」を熱唱。長い音楽人生で出会った仲間たちへの、募る思いを吐露するように歌い上げた。
<まさにジーンとくるシーンでした>

 そして、後半戦はビートルズのヒット曲のオンパレード。本編最後の「ヘイ・ジュード」では、場内全員でお約束の大合唱となった。その後もアンコール、ダブルアンコールとたたみかけ、71歳とは思えぬエネルギーで全39曲、約2時間半のライブを完走した。
<まわりのファンから「ポール大丈夫?休憩してよー!」と気遣う声が飛んでましたァ>

     「ライブが大好き」
 年齢的にこれが最後の来日公演とうわさされているが、ポールは関係者に「ライブが大好き。限界も感じない」と話し、ステージに立つ意欲を持ち続けているという。
それを証明するかのようなパワーを見せつけた日本公演初日だった。ポールの日本公演は1966年のビートルズの日本武道館公演が最初で、その後はソロで90年、93年、2002年に行っている。今回は大阪、福岡、東京の3ドーム球場で計6公演を行い、26万人以上を動員する予定だ。
<うわーすごい! 会場でも今回で日本公演は最後だと噂が飛び交ってましたね>
<だからぼくもポールのLIVEがみれてラッキーだなとつくづく思いました>


演奏曲のリストが手に入りました。
<ポール・マッカートニー アウト・ゼアー ジャパン・ツアー>
2013年11月11日@京セラドーム大阪
1.エイト・デイズ・ア・ウィーク ★
2.セイヴ・アス SAVE US
      
3.オール・マイ・ラヴィング ★
4.あの娘におせっかい
5.レット・ミー・ロール・イット
6.ペーパーバック・ライター ★
7.マイ・ヴァレンタイン
8.1985年
9.ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード ★
10.恋することのもどかしさ
11.夢の人 ★
12.恋を抱きしめよう ★
13.アナザー・デイ
14.アンド・アイ・ラヴ・ハー ★
15.ブラックバード ★
16.ヒア・トゥデイ

17.NEW
      

18.クイーニー・アイ Queenie Eye
      
19.レディ・マドンナ ★
20.オール・トゥゲザー・ナウ ★
21.ラヴリー・リタ ★
22.エヴリバディ・アウト・ゼアー
23.エリナー・リグビー ★
24.ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト ★
25.サムシング ★
26.オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ ★
27.バンド・オン・ザ・ラン
28.バック・イン・ザ・U.S.S.R. ★   http://youtu.be/tw0kJf_15QE 2003年のLIVE
29.レット・イット・ビー ★      http://youtu.be/S8jrd5UYNFs 2003年のLIVE

30.007 死ぬのは奴らだ Live and Let Die
        fire11.png

31.ヘイ・ジュード ★
【アンコール】
E1.デイ・トリッパー ★
E2.ハイ・ハイ・ハイ
E3.ゲット・バック ★
【セカンドアンコール】
E1.イエスタデイ ★
E2.ヘルター・スケルター ★
E3.メドレー:ゴールデン・スランバーズ/キャリー・ザット・ウェイト/ジ・エンド ★
※★印はザ・ビートルズ時代のナンバー  ☆は最新アルバム『NEW』収録曲

39曲も聴けて大満足でした!


おっと2013年のアメリカ・ツワーの動画がありました。
ジャパンツワーとは雰囲気が全然違いますが、音質はまずまずいい方なので貼り付けておきます。

Paul McCartney
アウト・ゼアー ワールド・ツアー

LIVE IN USA(Hollywood)
関連記事

- 6 Comments

Sat
2013.11.16
23:09

saya  

こんばんは^^
これがライブレポートですね。
私はライブとかよく分からないので、TVでの様子を見て楽しみました。
最初に演奏されたのは、ビートルズ時代にも演奏されなかったと言われている「エイト・デイズ・ア・ウィーク」でしたね。
ほとんどビートルズナンバーですが、ジョンのボーカルの「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」と、ジョージが作った「サムシング」も演奏したんですね。
それにしても「007 死ぬのは奴らだ」は、炎が使われたみたいですねぇ。他の方のブログで見たんですが、よく許可出ましたね?!
新曲「エブリバディ・アウト・ゼア」は、ウィングス時代の曲「ミセス・ヴァンデビルト」に似ているんですねぇ。それで「ミセス・ヴァンデビルト」は外されたみたいです。
14日、夜7時のニュースで、相撲観戦をするポールとナンシー夫人の映像を見ました。楽しそうでしたね。

2013/11/16 (Sat) 23:09 | EDIT | REPLY |   
Sun
2013.11.17
09:14

bunta52  

おはようございます、saya さん。
僕の記事は自分のことばかり書いてるのでライブレポートとは言えません。
これはアリーナ席・初体験記になってます !?(笑)
ポールのライブレポートは、追加で書くつもりですが、内容が盛り沢山あるのと、”旬のうま味”が薄れてくる頃に追加で書くのもどうかと思い留まってます。

それとライブでは多くの人がデジカメを持ち込んでいるのを見て非常に悔しい思いをしました。撮影は禁止だと思っていたのに、ポールが肖像権のことなんか気にしてないそうだったようです。残念!

2013/11/17 (Sun) 09:14 | EDIT | REPLY |   
Sat
2014.02.22
13:04

流れ星  

こんにちは

bunta52さん、お久しぶりです。
元気されてましたか?

ポールのコンサート行かれたのですね、
凄くうらやましいです。

それにしても「死ぬのは奴らだ」の
炎はびっくり、よく消防の許可がおりましたね。

また訪問させていただきますね!

2014/02/22 (Sat) 13:04 | REPLY |   
Sun
2014.03.16
13:25

bunta52  

流れ星さんなの?

流れ星さん!ずいぶんになります~~!
ちょうど先月の22日頃を最後にブログから離れておりましたので、コメント入ってるのが気づいてなくて大変申し訳ありませんでした !!
1月末にノロウィルスに感染し3週間ほど腸炎で苦しみ、やっと普通食に戻ったのが1ヶ月後という体調のよくない日々を過ごしておりました。(笑)
いまは元気にしています。そろそろブログの更新もやらなきゃね・・・^^
後ほど流れ星さんのブログにコメント書き込みに行きますね!
ではでは・・・☆

2014/03/16 (Sun) 13:25 | EDIT | REPLY |   
Sun
2014.03.16
23:42

ももPAPA  

bunta52さん コメントありがとうございます。
お体のほう 回復されて本当によかったです。大変でしたね。

ポール・・まな板席で観られたんですね。凄い!
ももPAPAもゲイリーのLIVEのとき、立って イエー!ってやってたら
足腰にきちゃって・・膝もガクガクでした;^^
思い出のLIVEになりましたね♪

2014/03/16 (Sun) 23:42 | EDIT | REPLY |   
Mon
2014.03.17
22:44

bunta52  

ポール最高!

ももPAPAさん、こんばんわ!
ポールのライブ、最高でしたよ。
なによりアリーナの2列目に自分がいたというのが今だ信じられない出来事です(笑)
そしてポールの健在ぶりに驚異を感じましたね。
いつまでもあの美声でいてくれたないいなーと思いますし、
ほんとすごいわ~~ポール!・・・です。^^;

2014/03/17 (Mon) 22:44 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。